行列のできるレストラン

人生迷い中の学生の個人的なブログ。勉強のこと、趣味のこと、ただ考えたひとりごとなどを綴っています。

応用情報を長期間かけて合格したこと(仮)

普通、「1ヵ月で」「独学で」「短期間で」合格したことを公表しているわけだけれども、
今回は”長期間”かけて合格したことを書いていこうと思う。

といっても、この記事を書き始めた現在、合格はしていない。
2018年春の合格を目指してのろのろと勉強内容を書き進めていければと思う。

まず初めに、なぜ長期間もかける必要があったのか。
1.大学の授業が忙しい
私は様々な事情により、大学の授業が忙しい。
なんだかんだでほぼフルで授業が入っているような感じの生活をしている。
そんな中、授業+研究+勉強(英語、数学)+応用情報を両立するのは難しい。
容量のいいひとはできるかもしれないが、私には大変荷が重いと思ったのである。

2.基本情報をノリで受かってしまった
このブログで書いた通り、基本情報に受かった。
約2週間で基本情報に合格したはなし - 行列のできるレストラン
頑張って勉強したのは、ほぼ二週間程度である。
そんな付け焼刃で受かってしまったため、基礎がなっていない。
専門知識のある人とお話ししていても、簡単な話であるはずなのに、何のことだかさっぱりわからない。
そこで、基礎知識をきちんとつけるため、長期間かけてじっくり学びたいと思ったのである。

ということで、以下、合格までにやったこと一覧である。

                                            • -

2017/10//14
応用情報技術者本試験問題午前対策午後問題の重点対策をバラバラにする
・勉強計画を立てる