読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

行列のできるレストラン

人生迷い中の学生の個人的なブログ。勉強のこと、趣味のこと、ただ考えたひとりごとなどを綴っています。

3DCAD「Onshape」① 押し出し機能を使う

3DCAD:Onshape お勉強

Onshapeに関する記事を書こうと思いながら、少し時間が経ってしまいました。
今回は、"押し出し"を使って円筒を書いてみようと思います。

OnShapeで図面を書くまで

Onshapeの説明

まず、Onshapeを開くとこのような画面が出てきます。
f:id:harucharuru:20161214193252p:plain
[My documents]に自分が作ったものが入ります。[Create]で作成画面に入ります。

図面を作成する( [Create]を押す)

[Create]を押すと、作成するドキュメント名を入力する画面が出てきます。
f:id:harucharuru:20161214195231p:plain:w300
今回は、公開しないので[Privete]を選択して[OK]を押します。

すると、このような画面が出てきます。
f:id:harucharuru:20161214195605p:plain
この画面が、図面を作成する画面です。

単位を替える

初期設定では長さがインチ、重さがポンドになってるので、変更します。
左上の[≡]をクリックし、[Work Space unit]を選択
f:id:harucharuru:20161214230651p:plain:w300
そして、長さや重さの単位を変えます。
f:id:harucharuru:20161214230652p:plain:w300

円筒を書く

正面にする

左にある[Flont]を左クリックし、[View normal to]を選択します。
f:id:harucharuru:20161214223050p:plain

すると、このように正面から見たような方向になります。
f:id:harucharuru:20161214223251p:plain

円を書く

左上の[Sketch]をクリックする。
f:id:harucharuru:20161214230930p:plain:w300

今回は、正面(Front)で書くので、[Front]をダブルクリックし、Sketch1の範囲を決める。
f:id:harucharuru:20161214231033p:plain

左上の円のマークをクリックする。
f:id:harucharuru:20161214231236p:plain:w300

円の中心(今回は原点)と円の半径(後できちんと値を決められるのでざっくりとでいいです)をクリックして、円を書く。
f:id:harucharuru:20161214231358p:plain:w300f:id:harucharuru:20161214231425p:plain:w300

半径の値を決める

上のバーにある寸法を定める機能をクリックする。
f:id:harucharuru:20161214231557p:plain:w300

円をクリックすると半径or直径が出てくるので値を入力する。(今回は直径30mm)
f:id:harucharuru:20161214231904p:plain:w300

これで円を書くことができました。

押し出し機能

右上の押出機能をクリック
f:id:harucharuru:20161214232026p:plain:w300

押出し方向や押し出す長さ(今回は25mm)を入力すると円筒ができます。
f:id:harucharuru:20161214232131p:plain

これで、円筒の完成です。

円筒の応用①

円筒を作成する方法を応用すると、このようなものも作ることができます。
f:id:harucharuru:20161214232251p:plain

円筒の応用② (動画あり)

このような物体の書く手順を動画で撮影しました。よかったら参考にしてください。
f:id:harucharuru:20161214192834p:plain:w300