行列のできるレストラン

人生迷い中の学生の個人的なブログ。勉強のこと、趣味のこと、ただ考えたひとりごとなどを綴っています。

「受験生になったから」といって、何もかも手放すんじゃない!

久しぶりにブログを更新します。
センターが終わり、今は一般入試の勉強を行なっていたり、センター入試の願書を書いたりする時期でしょう。(私はセンターを受けたことがないので、わからないですが…)

私のブログで、最近よく見られている記事が「明治学院大学 一般入試英語対策について - 行列のできるレストラン」です。これは、妹に「この動画の内容をまとめて欲しい」と言われたので、「だったらブログで公開して、受験生の役に立とうではないか!」と思い投稿したものです。なので、いきなりあのような記事が公開されました。

今日は、受験生の皆さん、そしてこれから受験生になるみなさんに、大学編入試験を失敗し、まだ来年度の進路も決まっていない私からアドバイスをしたいと思います。私のような失敗はして欲しくないので…。

「受験生になったから」といって、何もかも手放すんじゃない!

ブログのタイトルにもあったように、これは一番、受験生に言いたいことです。よく、受験体験談などに「受験生になったからテレビを封印しました」とか「部活をやめました」とか、受験のためになにかをやめて頑張った!ような、"封印自慢"("自慢"ほど大げさではないと思いますが…)が書かれていると思います。私も「何かを封印すれば受かる」と思って、ライブや映画、楽器演奏などを封印してきました。でも、それは今考えると間違いでした。

受験は、何も楽しくありません。時々、入り込みすぎてランナーズハイ状態になって楽しくなってくることもありますが、ほとんどそんなことは起こりません。そんな楽しくない日々を送らなければならない中で、自分の好きなものを封印するのは、受験生活にとってよくないことだと思います。自分自身のモチベーションを下げることになり、何が楽しいのか、何のために受験をしているのかわからなくなってしまいます。そして、現実逃避をしはじめ、封印していない新たな趣味(時間つぶし)を探してしまうのです。

だから、「受験生になったから」といって、何もかも手放すのではく、自分のご褒美として楽しいものを残しておきましょう。もちろん、封印しなくてもいいからといって受験勉強をおろそかにしないように…。

よく、大学について吟味しよう

過去にこのような記事を書きました。
harucharuru.hatenablog.com
これは、読書しての感想をまとめたもので、大学受験を目指している人に読んでもらいたいなぁと思い書いたものです。一度、このブログ、そして本を読んで、"大学"というのはどういうものか、自分にあった大学探しの方法について知ってください。

受かる!と思って自信を持って勉強しよう

勉強しなければ大学は受かりません。推薦入試であろうと、高校で勉強しなければなら受けさせてもらえないと思います。
自分で「受かる!」と思わなければ、絶対に受かりません。私は、編入試験で「受かりそう…」と思ったことはありませんでした。自分自身で悪い自己暗示をかけていたことで、勉強に集中できなくなり、頭の中に知識が入りませんでした。
よく言いますが、志望校の建物で撮った写真を机の前に貼って、大学にはいってからの楽しい日常を考えながら勉強すると良いです。モチベーションアップに繋がります。

「どこに行ってもいいけど、楽しいと思うことをやりなさい」

自分の進路に自信を持てない人、ワクワクしない人は一度立ち止まってみてください。世間の目は気にせずに。そして、考えてください、本当にそれでいいのか?と。進学校だから進学しなければいけないわけではありません。商業・工業高校だからといって芸術・文系系の大学に進学してはいけないわけではありません。高校卒業後に、日本一周の旅に出てこれからを考えてもいいし、通信制の大学に通いたくさん職種の大人たちに出会ってもいいし、就職してもいいんです。世界は広い。

自分が、ワクワクする、楽しいと思うことをやれるような環境を作りましょう。もし、ワクワクしないなぁ、楽しいことがわからないなぁと思ったらネットで検索してみてください。楽しいことを見つける方法があります。行動してみたり、人生を振り返ってみたり、もっと小さなワクワクを追求してみたり様々です。自分にあったワクワクの見つけ方を実践してみてください。

みなさんの未来が良いものになりますように。

今週のお題「2017年にやりたいこと」

今週のお題「2017年にやりたいこと」
今回は、2016年を振りかえりと、2017年の抱負を述べたいと思います。

2016年を振り返って

2016年、私にとって自分の弱さを痛感した1年でした。自分の精神の弱さにより、受験に失敗し、卒業研究も進まず。生活も怠けてしまいました。1年間の受験勉強は、無駄になってしまったといっても過言ではありません。時間は、無駄になってしまいました。
だからといって、後悔しているかといえばそうではありません。自分の弱さに気づくことができて、自分の成長すべき部分をたくさん発見することができました。

2017年の抱負

2017年は2016年に出てきた、自分の弱みを変えていきたいと思います。そのために、以下のことを頑張っていきたと思います。

自分をマネジメントする

2016年は自分の精神力の弱さに気づきました。やりたくないことに手を出さず、目の前のことから目を背けてしまいました。
なので、2017年は自分をマネジメントする力をつけます!どのようにしたら今まで以上のことかできるのか、相手にとって良いことができるのか、自分の成長ができるのか考えながら、行動していきたいと思います。

貪欲になって行動する

知らないことを知ることは、成長する上で大切だと思います。言葉の意味、言葉から感じ取れる意図。そのほかにも、ものごとや文化、授業で習ったことで分からないことも。人が「それ以上、やったって…」と思うほど、貪欲になって勉強したいと思います。そして、勉強以外にも、やりたいと思ったことをとことん追求する行動力を身につけたいと思います。
まず、今は、足りない知識を補えるように高校数学と高校物理を学び直し、自分の自信をつけたいと思います。
www.try-it.jp

資格を取得する

また、就職や進学に向けて、資格取得をしたいと思います。目標は、以下の6つ。
TOEIC 750点以上
進学に高スコアが必要になります。今年は、何としてでも750点以上は取りたいと思います。
日商ビジネス英語 3,2級
TOEICでは、仕事関連の英語が多く出てきます。そこで、TOEICに近い、日商ビジネス英語検定も受験しようと思います。少し、貿易に関する知識も必要になりますが、楽しみながら勉強したいです。今年は、3級合格をめざして。
秘書検定 3,2級
ずっと前から取りたいと思っていた検定です。事務に関する勉強をするのが楽しく、受験申込はしていないのですが、電車の中で対策本を読んだりしていました。今年は、3,2級を同時取得できるように頑張ります!
基本情報技術者
来年度からは、情報に関する勉強する予定です。そこで、基本情報技術者試験を受けます。また、応用情報に向けての勉強を行い、2018年の合格を目指したいです。
簿記 3,2級
事務に関する勉強をするのが好きなので、簿記検定も受けたいと思います。独学では大変であるというネット記事も見かけるので、今年は3級だけでも合格できるようにしたいです。
色彩検定 3,2級
人にものを伝えるときに、色彩はとても重要なものとなります。企画書に使う色一つで印象が変わって着ると思うので、デザインや色彩の勉強をしたいと思っています。そこで、色彩検定を受けようと思っています。

規則正しい生活をする

私は、パソコン・スマホの使用時間が多いと思います。YouTubeやその他動画を見ている時間が長いので、その時間を減らし、上の資格取得、自分の成長のための時間にしたいと思います。
また、自立した生活ができるように、掃除や洗い物など、家庭に関することも積極的に行っていきたいです。

読書をする

昨年、読書ノートをはじめました。プログで感想を書いていない本もいくつかありますが、読書ノートを付けることで、今までよりも本の内容を覚えている期間が長いように感じます。今年も続けて、たくさんの自分の成長につながる知識を増やしていきたいと思います。
harucharuru.hatenablog.com

まとめ

以上です。去年の失敗を二度としないように、自分に自信をつけ、成長していける2017年にしていきたいと思います。
今年もこのブログを続けていきたいと思いますので、これからもよろしくお願いします。

明治学院大学 一般入試英語対策について

YouTubeにある『明治学院大学「一般入試英語対策」の"ココ"がポイント!』(担当:ヴィーシィ・アレキサンダー准教授)を自分なりにまとめてみました。
www.youtube.com

2013年度入試からの出題形式の変更

変更内容

2012年度までの旧形式からの変更は以下のようになっている。
1.長文(10の選択肢から正解を4つ選ぶ)→1.長文(選択肢問題5問、マークシート
2.会話(空白補充問)→2.対話文(選択肢問題5問、マークシート)
3.短文(選択肢問題4問)→なし
4.文法(間違った箇所を選ぶ設問8問)→なし
5.長文(選択肢問題4問と英文和訳2問)→3.短文の日本語にある要約(200字以内)
6.英文エッセイ(約150語)→4.英文エッセイ(100~150語)
更新の理由は、時間に対する問題数の多さ、実際に使える英語能力を的確にはかるため(自然な英語らしい表現ができるか)であった。
新形式による点数配分は各大問ともほぼ同じ。そのため、自分の強みの部分をしっかりと解くことができれば、高い点数を臨むことができる。

大問1 長文の理解

内容

主に現代の課題を取り上げる
昔の古い本からではなく、現代のニュースや問題を取り上げる。新聞読んだり、ニュースを見たりしたほうがいい。長さは500語。受験生のレベルに相応しい単語が使用される文章。難しい単語は注意書きに訳を示しておく。そのため、受験生にとってはそれほど読むのは難しくない。
小問は5問。質問は、長文のテーマ、趣旨、内容理解、著者の意図に関するもの。つまり、これは根本的な理解ができているか知るためである。授業での勉強やニュースを見ていれば、決して難しいものではない。

勉強方法

1.英字新聞のウェブサイトを読むようにする。
知識も深まるし、英語の勉強にもなる。社会人としての英語も身につけられる。
(以下、サイト例)
The Asahi Shimbun
www.asahi.com
The Japan Times
www.japantimes.co.jp
The Manichi
mainichi.jp
The Japan News(旧Daily Yomiuri)
the-japan-news.com
2.海外新聞・雑誌のサイトを見る
アメリカ
www.washingtonpost.com
イギリス
www.theguardian.com
オーストラリア
www.smh.com.au
カナダ
vancouversun.com

大問2 対話文の理解

内容

現代トピックスに関する対話(例:言語教育に関する内容)。大問1よりも、現実的な会話となる。250語程度。対話は、教員と学生、社長と社員、NPOで働く方の会話など。
小問は選択形式の5問。対話テーマや対話者の意見、態度、目的などを聞く問題になっている。(注意:聞き取り試験ではない)

勉強方法

大問1での勉強が役立つ。この他にも、対話なのでネットでラジオやディスカッション番組を聞くようにする。いhttp://www.bbc.co.uk/radio4
イギリスBBC
www.bbc.co.uk
とくに、ラジオ4はおすすめ(らしい)。
www.bbc.co.uk

大問3 大意要約

内容

現代の課題を取り上げている文章で、250語程度の短文。これを200字の日本語で要約する。文章の主な内容を理解しているか、著者の意図を理解しているか、要約に重要な情報・事例とそうでない情報を見極めているか調べる問題。
重要な点
要約は翻訳とは違い、わからない言葉が多少あっても高得点は取れるが、何を書き、何を省略するか、別な知的チャレンジがある。英語を読んで、自分のフィルターを通して書く。翻訳ではないので、全てを各必要がない。

勉強方法

大問1,2と同じようなニュースや雑誌サイトからも短い文章を読んで要約を練習する。読んだ英語の文章を、両親や兄弟、知り合いなどに自分で話すようにすると良い。
time.com
magazine-directory.com

大問4 英文エッセイ

内容

指定された質問について、自分の考え、意見を述べる問題で100~150語で書く。これも、現代社会に関する問題である。ここでは、自分の意見を述べることが非常に重要である。大学の授業では、自分はどう思うか述べることが多くなるため、自分の考え方を上手にまとめて、どのように表現するか調べるための問題。
この問題では、意見の明解さ、文章の構成、文法、スペリング、句読法を評価する。そのため、文法の強い人が力を発揮する。しかし、文法が弱い人も、きちんと自分の意見を述べることができれば、高く評価される。学生がどのような人間が知りたいと思って、この問題を作っている。
重要な点
参考書などからとって形式的な答えな丸暗記は利用しないように。受験生の自然な英語能力をはかるので、形式的な表現にはあまり頼らないようにすること。(受験生が多く使うようなセリフは良くない。採点している時に、多く見かける言い回しなどがある。)

勉強方法

授業で文法等をしっかり勉強した上で、自分の意見をまとめて述べる力をつけること、また、英作文の練習を繰り返し行うこと。学校の先生などに添削してもらうと良いでしょう。自分で挑戦してみること。英語で書く事が自然になると良い。

赤本について

赤本も、旧形式について載っている年度もあるので気を付ける。しかし、旧形式の赤本に書かれている
「まず求められているのが文章の概要と要点を把握する力である。」
「文章全体の流れの中でどのような意味をもつのか考えながら読む習慣を付けよう。」
などは役に立つ記述である。

今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

今週のお題「私のブログ・ネット大賞2016」

はじめて、はてなブログ今週のお題に参加してみようと思います。
今回は、「私のブログ・ネット大賞2016」。パッと思いついたあるブログについて紹介したいと思います。

www.hiroseyonaka.com
私は、5年ほど前からハロープロジェクト(以下、ハロプロ)の楽曲を聴きはじめました。きっかけはNHKでやっていた「テストの花道」という番組に出ていた、ちょっとおバカなDAWA和田彩花アンジュルム(旧 スマイレージ))はどうしているのか気になってYouTubeで調べたことでした。
そこからハロプロというものを知り、現在のモーニング娘。'16や℃-uteカントリーガールズなどのアイドルの曲を聴くようになりました。どのグループが好きとか、どの人を推しているとかは全くないのですが、最新曲はYouTubeでチェックしています。(買ってはいない…。)

去年、モーニング娘。'16(当時はモーニング娘。'15)のセンター鞘師里保が引退を発表。急な引退発表で驚きました。また、通常開催される引退前の公演もなく、どうなっているんだ!と疑問に思ったときにこの、「よのなかのはなし」というブログに行きつきました。そこには、ハロプロの商戦の良くないところ、メンバーのビジュアルなどの改善方法、次のフォーメーション案などが書かれていました。これは、ブログを書いている方の個人的な感想や意見であり、全て鵜呑み、というわけではありませんが、「なるほど。」と納得したり、「そうだ!」と賛同できるような内容も書いてありました。(とくにハロプロの売り出し方については賛同する部分が多かった)

このブログと出会ってから、今まで、アイドルを美しいもの、元気な人たちという見方しかしていなかった私のアイドルの見方が変化しました。
例えば、曲と衣装のバランスについて考えるようになりました。アンジュルムの「糸島Distance」という曲は、悲しい雰囲気で男女の別れの曲(別れを告げられ、今までの思い出を振り返りながら、「待って」と心の中で叫んでいるような…)なのですが、衣装がピエロのようなカラフルで曲のイメージと衣装がとても合わない!(私だったら、夜や夕方に高速や海辺を走っている社内の助手席にメンバーを載せ、たそがれているようなPVを取るなぁ…。)
今まで気づきもしないような、スルーしていたようなことにも気づくようになりました。
www.youtube.com


現在も、このブログを月に一度ほど見て、様々な意見をもらっています。自分と同じ趣味?を持つ方の、考え方や感じ方を知ることで、新しい見方ができるのはとても良いなと感じました。

神戸旅行 12/17-/18

少し前ですが、神戸に行って来ました!

目的は、とある講座を受けること(内容は教えられないです…)と、神戸観光です。初神戸したが、とても楽しく過ごすことができました。印象としては、「関西だけど関西ぽくない」という感じです。

 観光でまわった全ての場所で写真を撮ることができなかったので、写真を撮った場所やものの感想ですが、ご承知くださいm(._.)m

 

神戸は「ラーメンとケーキのまち」

神戸観光をしてくださった神戸出身の方によると、神戸はラーメンとケーキのまちだそうです。ラーメン屋さんとケーキやさんがたくさんありました。

f:id:harucharuru:20161224180110j:image

 

六甲山からの夜景が綺麗

夜、8時ごろに六甲山に登り、夜景を見ました。神戸といえば夜景ですが、本当に美しかったです。和歌山もみることができました!

f:id:harucharuru:20161224180850j:image f:id:harucharuru:20161224180857j:image

 

ポートアイランドからの朝日 

ポートアイランドにあるホテルに泊まりました。朝日が美しかったです。そして、ポートアイランドから本島にいく自動運転車からの神戸タワーも綺麗だった!

f:id:harucharuru:20161224181147j:image f:id:harucharuru:20161224181156j:image

 

フロインドリーブ

2日目のお昼ご飯をフロインドリーブで頂きました。サンドイッチとサラダが大きく、4人で2つのサンドイッチとサラダを分け合いました。もともと教会で、文化遺産になっているそうです。夜訪れたら、綺麗なライトアップされていました。これは、クリスマスシーズンだけかな?

f:id:harucharuru:20161224181806j:imagef:id:harucharuru:20161224181810j:image

 

ケーニヒスクローネ

ケーニヒスクローネホテルの中に、ケーニヒスクローネのカフェがありました。

ホテルケーニヒスクローネ

食べログホテルケーニヒスクローネ

クマのぬいぐるみもあり可愛かったです!

f:id:harucharuru:20161224182008j:image

 

こんな感じでした。この他にも異人館通りや芦屋にも行ったのですが、時間がないのでこここで…。さささっと書いたので、感想が雑ですみません。

でも、ほんとーに楽しい旅でした。また行きたい!

 

 

スマホ依存脱出計画 3週間やってみて

スマホ依存脱出と題してスマホからガラケーに変更して、3週間が経ち、メリットやデメリットが分かってきました。今回は、そのことについて書きたいと思います。
スマホ依存脱出計画スタート編はこちらから↓
harucharuru.hatenablog.com

現状

f:id:harucharuru:20161220190937p:plain:w400
現在の携帯用端末はこんな感じ。電話とキャリアメール機能のあるガラケー、ポケットWi-Fi。そしてもともと使っていたスマホを、Wi-Fi接続で使用しています。(電話、キャリアメール機能なし)

メリット

まずは、メリットについて。

携帯料金が安くなる

これは、大きなメリットです!スマホの場合、毎月7000円〜8000円ほどしていた携帯料金が約1500円になりました。携帯会社によってプランが異なるとおもいます。私はソフトバンクです。(ガラケーは端末を持ち込むと、手続き費用として、3000円かかりますが、支払いは一度きりなので、端末を持っている方は、持ち込んだ方がお得です。)
パケット放題や、スマホだからあったその他の部分(デザリング、端末保険、ベーシックパック等々)がなくなり、ググッと安くなりました。
現在、ポケットWiFi(lljmio、ドコモ回線)を使用していますが月3G(最大3G繰越可能、1日200MBまで低速回線無料(←ごめんなさい、あやふやです。))で1000円以下のものを使用していますが、それを含んでも安いです!
ちなみに、ポケットWi-Fiの端末は、オークションで3000円で落札しました。

スマホを見なくなった

家族とのやりとりは基本的に携帯電話で行なっているため、スマホを観る機会が減りました。Gmailや学校から連絡が届くメールは転送設定をしているので、急な連絡にも対応できます。(よく来るコンビニやメールマガジンなどは、携帯電話に転送しないアドレスを新たに作って、そこに送られるようにし、スマホからみています。)

携帯の充電回数が減った

スマホを使う機会も少なく、携帯電話もメールと電話しかしないので、ガラーケーの充電は3日に一度、スマホの充電も2日に一度すれば十分になりました。なので、電気代もググッと抑えられていると思います。

ケイタイ係長と遊べる

私の持っているガラケーでは、ケイタイ係長を見ることができます。ふと、携帯を開いたときの癒しになっていてホッとします。時々、写真付きメール(無料)が送られて来るのも嬉しいところ。現在、わたしのケイタイ係長は入院しています泣。

デメリット

次はデメリット。

SNSの反応が遅くなる。

スマホを前よりも見なくなったことにより、SNSの反応が遅くなりました。そのため、午前中に来ていたLINEを夕方になって気づくこともあります。返信が遅くなって申し訳ない!という気持ちもありますが、スマホ依存脱出という意味ではいいのではないかとも思えてきます。一言、「緊急の時には携帯電話に連絡ください」としておくといいのかもしれません。

ガラケーの文字が打ちづらい、予測変換が高機能ではない

スマホフリック入力をずっとしていたのでガラケーの文字の打ちにくさは半端ではありません。1つのメールを返すのに1分くらいかかることもあります。慣れだと思いますが…。
また、スマホほど予測変換が高機能ではないので、1文字違っているだけでも、思っている文字に変換されないので、打ち間違えには気をつけるようにしています。

持ち物が増えた

これは、見て分かる通り。スマホ一台で済んでいたものが、ガラケーとポケットWi-Fiの二台が加わり、計3台になりました。お出かけするときも、バックを持たなければならず、少し不便です。(しかし、バックをもつ習慣がついて、大人のようにきちんとティッシュやハンカチを持ち歩くようになりました)

写真を撮りたい時にすぐに取れない

ガラケーをポケット、スマホをバックに持っているので、写真を撮りたい時にすぐに取れなくなりました。もちろん、ガラケーでも写真を撮ることができますが、画質が全然違います。

まとめ

メリットデメリットありましたが、わたしはガラケータブレットの方がいいのかなぁと思います。通学時間での電車の中でも、スマホを必要以上に触らなくなり、本を読んだり、勉強したり(、時々寝たり)することができています。
思っている以上に、スマホがなくても生活には困らないので、スマホ依存気味の方はご検討ください。私はこのまま、ガラケーとポケットWi-Fiの生活を続けていこうと思います。

人前で話をするということについて

私は、人前で話をすることが苦手である。

あれを話そう、これを話そうとどれだけ事前準備をしても、うまく頭の中で文章が組み立てられず、結局何を言いたいのかわからなくなってしまう。
そして、極度のあがり症である。しゃべっているときは顔が真っ赤になり、足が震えてしまう。

 

わたしと同級生の人々は、きちんと話ができているのにどうしてだろう。どうやって、話を組み立てているのか疑問なのである。そして、人を惹きつけるのもうまい。人に、わかりやすい例えを使って話をする。
わたしにとって、みんな、雲の上の存在だ。

 

先生に、年相応に成長できていないと言われたことがある。それは、学力の面でも、精神的な面もである。
どうやったら成長できるのだろうか。

 

そして、とても自信がなさそうといわれた。そう。どれだけ準備しても、どんなことを言おうと考えても、喋れない。なんで言い出せばいいのか、わからない。
どうやったら、自信を持てるのだろう。

 

わからない。だれか、教えてほしい。